消化器内科|芦屋打出駅すぐのちゃばたクリニック 内科 胃カメラ 大腸カメラ 逆流性食道炎 胃がん

0797-21-6070

info@chabata-clinic.jp

消化器内科

消化器内科とは

消化管(口、のど、食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門)とそれに連なる消化器系(肝臓、胆のう、膵臓)など、広く消化器領域の疾患に関して、内科的な診療を行います。
腹痛や胸やけ、吐き気・嘔吐、下痢、便秘などの症状がある方は、お気軽にご相談ください。
診察の結果、正確な病状を把握するために胃カメラや大腸カメラによる検査を行うこともあります。詳しくは、胃カメラおよび大腸カメラの項目をご覧ください。

このような症状がある場合、ご相談ください

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室、憩室炎
  • 大腸がん
  • ピロリ菌感染症
  • 感染性胃腸炎
  • 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)
  • 便秘症
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 痔など

逆流性食道炎

胃酸が食道に逆流することで、食道が炎症を起こしてびらん(粘膜のただれ)や潰瘍を生じる疾患を逆流性食道炎と言います。症状は、胸やけ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳などがあります。主な原因は、胃から食道への逆流を防ぐ仕組みがうまく働かなくなったり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして、胃の内容物が食道に逆流することです。治療は、胃酸分泌抑制薬の服用や、生活習慣の改善を行います。

急性胃炎

胃の粘膜に急性の炎症を起こしている状態を急性胃炎と言います。症状としては、胃の不快感、みぞおちの痛みのほか、吐き気や食欲低下、胃もたれ、吐血や下血などを伴うこともあります。原因は、痛み止めやステロイド薬、抗菌薬などの服薬や飲酒、ストレスなどが考えられます。原因がはっきりしている場合は、それを取り除くことが治療の基本ですが、症状に応じて胃酸を抑える薬や胃の粘膜を保護する薬を使用します。出血が強い場合は、内視鏡で止血することもあります。

慢性胃炎

胃の粘膜の慢性的な炎症を慢性胃炎と言います。特に、本来ふっくらしているはずの胃粘膜がやせてしまった状態を萎縮(萎縮性胃炎)と言います。萎縮性胃炎のほとんどは、ピロリ菌(ヘリコバクタ・ピロリ)の感染が原因で、自覚症状はほとんどありません。ピロリ菌に感染している場合は、除菌治療を行います。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜がひどくただれて傷がついた状態が胃潰瘍および十二指腸潰瘍です。一番多い症状はみぞおちの痛みで、食欲不振や吐き気を伴うこともあります。出血した場合は吐血や黒色便(コールタールのような真っ黒な便)がみられます。大抵は胃酸を抑える薬の服用で治りますが、傷口が大きく出血が多い場合は、胃カメラによる止血を行います。潰瘍の主な原因はピロリ菌の感染と考えられており、ピロリ菌の検査をして陽性であれば、除菌する必要があります。痛み止めやステロイドの内服で潰瘍ができることもあります。

胃がん

胃がんは、胃の粘膜にできた悪性腫瘍です。早期にはほとんど症状がありません。がんが進行すると、食欲低下や吐き気、胃の膨満感を感じるようになったり、がんから出血した場合は吐血や黒色便などの症状がみられます。定期的に検査を受けることが、胃がんの早期発見には最も重要です。ごく早期であれば胃カメラによる切除が可能で、予後は非常に良好です。胃カメラで切除できない場合は、外科手術や抗がん剤治療を行うこともあります。ピロリ菌に感染している場合は、除菌治療も検討します。

大腸ポリープ

大腸の粘膜にできるイボのようなもので、自覚症状はほとんどありません。健診等の便潜血検査で陽性になり、大腸カメラを受けて初めて見つかることが多い疾患です。ポリープの細胞の種類によっては将来的にがん化するリスクがあり、大きくなりすぎないうちに大腸カメラで切除を行うことが望ましいと考えます。当院は日帰りでのポリープ切除が可能です。

大腸がん

大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍です。多くの場合、大腸ポリープ(腺腫)が大きくなる過程で、ポリープの一部の細胞ががん化してできると言われています。早期では症状はほとんどなく、健診などの便潜血検査で陽性になることで医療機関を受診し、大腸カメラで診断されます。がんが進行した場合は、血便や便通障害(下痢と便秘を繰り返す)、便が細くなるなどの症状がみられます。がんがポリープの中の一部分だけであれば、大腸カメラでの切除で治癒できます。大腸カメラで切除できない場合は、外科手術や抗がん剤治療を行います。大腸がんのリスクが高くなる年齢は50代からですが、最近は若年化が進んでいますので、年代に関係なく、定期検診を受けることが大切です。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌に感染すると、除菌をしない限り、自然に排除されることはほとんどありません。また、胃がんや胃・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎の原因になることが判っています。主な感染ルートは飲み水や食べ物からで、成人になると、ほとんど感染しません。特に幼少期に衛生環境のあまり良くなかった高齢層で感染率が高くなっています。検査をして、もしも感染しているようなら、胃がんや胃潰瘍などを予防するために、早期の除菌をお勧めします。ピロリ菌検査は様々な方法がありますが、当院では患者さんごとに適した方法をお勧め致します。除菌治療は1週間薬を服用し、後日除菌判定を行います(検査方法によって、除菌判定時期は異なります)。

過敏性腸症候群(IBS)

ストレスを主な要因として、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患を過敏性腸症候群と言います。症状は、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などです。原因としては、不安、緊張、ストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などがあります。治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活習慣の改善が中心になりますが、症状や状況に応じて内服薬による治療も行います。