胃カメラ|芦屋打出駅すぐのちゃばたクリニック 消化器内科 内科 内視鏡 胃がん 逆流性食道炎

0797-21-6070

info@chabata-clinic.jp

胃カメラ

胃カメラとは

胃カメラは正式名称を「上部消化管内視鏡検査」と言います。炎症やがんなどの腫瘍性病変、ピロリ菌感染などを診断します。
カメラを口または鼻から挿入し、先端についている超小型のカメラで明るい光を照らしながら、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察していきます。食道・胃・十二指腸のポリープやがん、炎症などを調べることができます。当クリニックでは、口から挿入する経口内視鏡のほか、鼻から挿入する経鼻内視鏡も行っています。経鼻内視鏡は細いカメラを使用するので、経口よりも楽に検査が受けられます。経口内視鏡は、ご希望により鎮静剤を使用しますので、ウトウト眠っている間に検査が済みます。以前胃カメラで苦しい思いをされた方や、経鼻内視鏡でも辛い方は、鎮静剤を使用した内視鏡検査をお勧めいたします。

胃カメラを受けた方がよいとされる方の症状

  • みぞおちが痛む方
  • 胃の不快感・胸やけ・のどまたは胸のつかえ感がある方
  • 吐き気・嘔吐・吐血・黒色便のある方
  • 体重の急激な減少がある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返している方
  • 胃がん・食道がんになった家族のいる方
  • 塩分を多くとる方 など

胃カメラで診断が可能な病気

逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急性・慢性)、食道がん、胃がん、食道裂孔ヘルニア、食道・胃・十二指腸ポリープ、食道・胃静脈瘤 など

胃カメラを受ける際の注意点

常用薬がある場合、必ずお申し出ください。胃カメラは基本的に予約制ですが、病状や検査の予約状況によっては当日受けて頂くこともできます。
検査前日と当日の注意点は以下の通りです。

検査前日
  • ・夕食は午後9時までに済ませてください。
  • ・服薬は医師の指示に従ってください。
  • ・アルコールは控えましょう。
検査当日(検査開始まで)
  • ・飲食はできません(うがいは構いません)。
  • ・服薬は医師の指示に従ってください。
  • ・タバコは吸わないでください(胃液分泌が多くなり、検査が行いにくくなります)。
  • ・リラックスして検査が受けられるよう、ゆったりとした服装でご来院ください。

経口・経鼻内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

上着を脱ぎ、ネクタイやベルトを緩めるなど、首やお腹の緊張を解いて、ゆったりとした格好になります。メガネは外すことをお勧めしますが、画面をご覧になりたい方はかけたままでも構いません。
肩の力を抜き、ゆっくりと深呼吸してください。苦しいからといって首を振ったり、体を動かしたりすると、かえって辛くなるばかりか、危険が伴います。
検査の流れにつきましては、以下の通りです。

1. 咽頭麻酔をします(経鼻内視鏡の場合は鼻から麻酔薬を注入し、カメラと同じ太さの柔らかいチューブを挿入します)

2. ベッドで横になります

左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
※鎮静剤を希望にされる方には、鎮静剤を注射してから検査を行います。

3. 胃カメラを挿入していきます

4. 検査開始

食道、胃、十二指腸を観察します。

検査時は生検を行うこともあります

良性・悪性を診断するために、生検(粘膜からごく小さい組織片を摘まみ出すこと)することがあります。ごく少量の出血を伴いますが、すぐに止血し痛みはありません。また、病変の範囲をみるために色素液をまいたりすることもあります。

経口内視鏡検査後の注意点

  • ・検査終了後1時間は飲食を控えてください(咽頭麻酔がきれるまではむせて誤嚥する可能性があります)。
  • ・組織検査を行った方は、お食事は2時間以上経過してからにしてください。検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。
  • ・胃カメラ施行時に胃に空気を入れて膨らませるため、検査後はお腹が張りますが、次第に楽になりますので、心配いりません。