生活習慣病|芦屋打出駅すぐのちゃばたクリニック 消化器内科 内科 糖尿病 高血圧

0797-21-6070

info@chabata-clinic.jp

生活習慣病

生活習慣病とは

過食や偏食、運動不足、嗜好品(タバコ・お酒など)等の過剰摂取や生活習慣の不摂生などが原因で起こる慢性疾患が生活習慣病です。生活習慣病の代表的な疾患には、糖尿病をはじめ、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。

一番の予防対策は生活習慣の改善

近年、死亡原因の上位に、心臓病と脳血管疾患が挙がっています。これらの疾患は、生活習慣病である糖尿病、高血圧、脂質異常症などによって引き起こされると言われています。つまり生活習慣病は生命にかかわる病気なのです。生活習慣病の初期は自覚症状がないので気が付きにくい場合がほとんどですが、健診を受けることで早期発見が可能です。日頃の生活習慣を見直すことで、心臓病(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)のリスクを減らすことができます。

主な生活習慣病

糖尿病

血液中のブドウ糖が増えすぎた状態
糖尿病とは、血糖値を下げる働きのあるインスリンの作用が不十分となり、血糖値が高くなる状態のことです。ブドウ糖は体を動かすエネルギー源ですが、インスリンの分泌が不足したり、働きが悪くなったりすると、血液中に増えすぎてしまい、全身に様々な悪影響が出てきます。初期のうちは自覚症状はほとんどありませんが、ある程度進行すると、異常な喉の渇きや、尿の回数や量の増加、体重の減少や全身が疲れやすく、だるいといった症状も現れるようになります。
「1型」と「2型」に分類される糖尿病

糖尿病は、「1型」と「2型」に大きく分類されます。

1型糖尿病は、インスリンを産生する膵臓の細胞が壊れることで、インスリンが分泌されなくなる疾患です。子供や若年層での発症が多く、治療はインスリンの補充を行います。

2型糖尿病は、生活習慣による影響が強く、加齢や遺伝的要因のほか、食べ過ぎや運動不足、肥満、ストレスなどが要因となります。日本における糖尿病患者の約9割は、2型糖尿病です。糖尿病の完治は困難ですが、血糖値を正常に保ち、それと同時に体重や血圧、血中脂質も良好な状態に保つことができれば、糖尿病による合併症(網膜症、腎症、神経障害)や血管障害(冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患)のリスクを減らすことが可能です。

そのほかの糖尿病としては、他の病気が要因となって起こる2次性糖尿病、妊娠中に起こる軽い糖代謝異常の妊娠糖尿病もあります。

継続的な「血糖コントロール」に努める
糖尿病(2型)による合併症などを起こさないようにするには、血糖値を正常に保つことが求められるわけですが、そこで重要になるのが、継続的な「血糖コントロール」です。これは医師の指導のもと、まずは食事療法(適正エネルギーの摂取・栄養バランスの良い食事)および運動療法を行います。これだけで正常値になる方もいます。なお、糖尿病が進行したケースや食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらないような場合には、これらの治療と併せて内服薬(経口血糖降下薬など)による治療やインスリン療法(注射により体外からインスリンを補う治療法)を行います。

高血圧

血圧が慢性的に高く維持されている状態
高血圧は血圧がある程度の範囲を超えて慢性的に高く維持されている状態を言います。
心臓は血液を全身に送り出すためにポンプのように動いており、そのときに血管にかかる圧力が血圧です。血圧には収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)があり、その両方の数値を測定します。最高血圧が140mmHg以上あるいは最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧と診断されます。血圧の高い状態が続くと、血管の壁がダメージを受けたり、心臓に負担がかかり、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを招きやすくなります。診察室で測る血圧は日常より高くなる場合もあり、普段からご家庭で血圧測定することがお勧めです。
塩分の過剰摂取や運動不足が影響
高血圧の原因は、遺伝的要因をはじめ、食生活(塩分の摂り過ぎ)や嗜好品(タバコ・お酒など)の過剰摂取、運動不足や精神的ストレスなどの環境要因が重なることによって引き起こされると考えられています。
高血圧を治療するにあたり、まず行うのは食事療法(減塩)です。食塩摂取量を1日6g未満とし、バランスのとれた食生活を心掛けましょう。即席麺や漬物・梅干し、塩鮭など塩分の多い食品は控えてください。適度な運動も有効です。
減塩や運動療法だけで血圧が下がりきらない場合は、降圧剤(血圧を下げる薬)で治療します。降圧剤には様々な種類があり、病状によって使い分けたり、いくつか組み合わされて処方することもあります。

脂質異常症(高脂血症)

コレステロールの過多が動脈硬化を誘発
高脂血症とも呼ばれ、主に血液中のコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の値が慢性的に高い状態を言います。
コレステロールは、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料であり、体にとって必要なものですが、多すぎると動脈硬化の原因となります。LDLコレステロールは一般的に悪玉コレステロール、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれます。
自覚症状がなく放置しやすい
脂質異常症は自覚症状に乏しく、血液検査や健康診断で指摘されて気づくケースがほとんどです。放置すると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などの原因となります。
エネルギー過多な食生活やアルコールの過剰摂取、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。
動脈硬化の進行は生活習慣の改善で妨げる
治療の基本は、生活習慣の改善(食事療法・運動療法)と薬物療法になります。生活習慣の改善は、単に血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化の進行防止にも役立ちます。
生活習慣の改善とは、栄養バランスのとれた食生活をはじめ、適正体重の維持、適度な運動、禁煙などです。LDLコレステロールが高い方は、動物性脂肪を含む食品を減らしましょう。中性脂肪(トリグリセライド)が高い方は、糖質の多い食品やお酒を控えるほか、摂取エネルギー(カロリー)を適正にするよう心がけましょう。
生活習慣を改善しても値が十分さがらない場合は、内服薬で治療を行います。

高尿酸血症(痛風)

血液中にある尿酸が過多になる状態
血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態が高尿酸血症です。尿酸が過多になることで針状の尿酸塩の結晶ができ、関節内に溜まって、痛みを引き起こすのが痛風です。足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて激烈に痛みます。数日でおさまることもありますが、再び痛風発作を起こすことが多く、長年放置すると腎機能が悪くなることもあります。
尿酸の元はプリン体と呼ばれる物質で、レバーや干し椎茸、魚卵、えび、かつお、いわしなどに多く含まれています。また、アルコールは尿酸値を上昇させる作用があります。
プリン体を多く含む食品は控える
高尿酸血症の治療では、まず尿酸値を下げることが大切です。それには食事療法として、プリン体を多く含む食品の摂取を控えめにし、バランスの良い食事を心がけます。また、飲酒量を減らしましょう。とくにビールはプリン体を多く含むので、注意が必要です。また、食事療法と併せて運動療法も行い、肥満の解消に努めることも必要です。生活習慣の改善を行っても尿酸値が十分さがらない場合、尿酸の生成を抑制する薬や、尿酸の排泄を促す薬などで治療します。薬の飲み始めは痛風発作が出やすくなりますが、自己判断で服薬を中止せず、治療を継続することが大切です。尿酸値は、6.0mg/dL以下を目標にゆっくりと下げていき、下がった数値はしっかり維持するようにします。